天神祭りの日の事件

生駒の実体験

天神祭りでバールを持った男が大学生を襲うところへ

大阪の天神祭の日に、祭りとは離れた路地裏で、ある女子高生の娘さんが母親と祭りを楽しんでの帰り道でした。

 母親がスーバーで買い物をしている時に、外で待っていた可愛い短めの浴衣を着た娘にある男性が下着を見せろと暴言を吐いて絡み出したので、それを助けようと駆け寄った母親が男性に殴られ、さらに近くにいた長男が2人を助けようと近くにあったビールの小瓶を持って向かったが返り討ちにあってしまった。
さらに激情した男は目の前の家に戻って、なんとバールを振りかざして長男を襲うところだった。

 私は現場の目の前の会館で丁度指導が終わって着替えてる所でした。早めに着替えて出ていった女性の生徒が道場へ戻ってきて、「先生ーー」の一言で、私は何も聞かずに直ぐに外へ走って出ていった。
674816.jpg
 危険なバールを振り回して周りは騒然となっている所へ、私は出くわして冷静に軽くホールドアップの状態で止めに入ったが、聞く耳を持たず長男をバールで殴ろうとしていたので、仕方なくこのままでは危険だと判断して、素早く真横へ入り男性を倒してバールを取り上げて抑えつけた。

 他の生徒達も駆けつけたので、すぐに警察へ連絡させたがなんと、警察官が来るまでに約20分ちかくかかった。現場は騒然としてすごい人だかりになっていた。
 やっと警察が来たと思ったら、私が逮捕される勢いだったが、被害者家族が説明してくれて、男性は現行犯逮捕された。
 その日は生徒達と一緒天神祭りへ出かける予定だったけど、警察が今から取り調べがあるから同行してくれと言われて、あえなく解散した。
 それから私は取り調べが4時間かかった。たった1人で武器を持った相手を素手で怪我もさせずに逮捕する技術はすごいと褒められた。この言葉には大神拳の技術を褒めて頂いたと受け止めました。

その後ちゃんと覆面パトカーで送って頂いたので、京都の家まで帰れましたが・・。
 最初は都島署?での事件だったが、私がいなかったら殺人事件になっていたかもしれないと言う事件だったので、捜査が曾根崎暑に移されててからは、なんの連絡もなく、殺人未遂を解決したけど、新聞で見るような表彰もお礼もなかった(笑)
 祭りの日で警察が来るのが遅すぎたというずさんな状況と、私が犯罪対策専門の指導者という一般人ではないから、捕らえて当たり前と思われたのだろうか?
 日頃、練習ナイフや棒や色々な武器での練習をしていたから、素人がバールを持った相手だったので、まだ冷静に倒せたが、これが格闘経験のある人だったら私はこの世にいなかったかも・・・。

 今生きていることに感謝!