大神拳が目指すこと

日本から性犯罪を一件でも多く減らす!

hanzai.jpg

 毎年何万件と起きている、子どもと女性への犯罪を撲滅するために、スマホ護身術を執筆しました。

素人の犯罪者なら簡単に対処できます、ちょっとの知識と勇気で自分を守ってください。
今、親と教育者が子どもを守るための意識を高めれば、きっと多くの子どもが守られると私は信じます。

一人でも多くの方が賛同していただけると嬉しいです。
護身術セミナーなどお手伝いをさせて頂きます。地方やなにかのイベントがあれば一声下さい。

 

誰もが犯罪から逃げられるように、願ってます

 この本を書き始めたときの気持ちと、道場をスタートさせたときの気持ちはまったく同じです。

日本から子ども女性が関わる犯罪を1万件減らしたい!
世界の子ども・女性が関わる犯罪を100万件減らしたい! 

そんな思いを込めて「スマホ護身術」を出版しました。
賛否両論あると思いますが、現場での恐怖はとても恐ろしいです。性犯罪にあえば一生心に傷かつくかもしれません。自分で正しいと思った対処を瞬時にすれば、トラウマは残っても心と身体の傷は少ないでしょう。
犯罪者にやりすぎ制限はなく、防御には過剰と正当がありますが、子どもや女性が犯罪者に立ち向かうなら、しっかりと身を守ってほしいです。
 平和で笑顔の毎日を過ごしましょう!!

 


スマホ護身術 内容

スマホ護身術というタイトルですが、実際はスマホを使った護身術・女性のための素手での護身術、ロシアの護身術システマを使っての恐怖はとの向き合い方、そして最後に子どもの護身術を紹介しています。
 本の写真とネット動画を連動ですぐにみられる本にしていて、しかも各ワークごとにPOINTがあり、大切な注意点やアドバイスがあり、たまにそのPOINTに昔の将軍や武士の名言も紹介しています。
とくに宮本武蔵の名言はまさに自由対処そのものだと思います。

いくつかの実際にあった事件も犯罪ケースとして参考にしていただきたく掲載しています。すこしでもこの犯罪ケースを読んで、危機意識を高めてもらえたらと願います。
遠方の災害でも、明日は我が身!という気持ちでこの本を読んでいただければ嬉しいです。

 

平和ボケにならないこと

 日本で毎日のように子供や女性が被害にあってます。軽犯罪から重犯罪まであらゆる犯罪が今水面下で増えています。

海外では犯罪率が日本の3倍、5倍、10倍と言われる国も存在しています。国際化されてきてるこの日本もだんだん危ない国になってきているのではないでしょうか?

親・教育関係者・国がもう少し子供を守る指導をすれば、とくに軽犯罪は劇的に減ると予想します。

どうかこの「スマホ護身術」をきっかけに、一人一人が家族や周りの子供に一言でもはっきりと、「知らない人が近づいて来たら逃げる」という知識を教えてほしいです。

逃げる練習も必要です。